化粧品で肌トラブルを解決するのが普通

美容整形で肌の悩みを改善してもいいですが、自宅ケアで十分対策できるならコスパもこっちのほうがいいでしょう。特にシミは、年齢を重ねるごとに深刻化しますので、効果のある化粧品を使って対策と予防が不可欠です。

よく間違われるシミと肝斑の違い

輪郭がぼやけているのが肝斑

頬骨を中心に現れる肝斑は、形や大きなも左右対称です。輪郭に沿って広がることも多く、見た目はぼんやりとしています。そのため、顔色が悪く元気がないという印象を相手に与えてしまいます。

薄くなったり濃くなったりを繰り返すシミ

思春期を中心に広がるそばかすを始め、加齢と共に出現するシミなど年代に応じて形や色が違います。シミと肌との境目がはっきりしており、化粧品でケアすると徐々に薄くなります。

肌トラブルに見舞われている人に教えたいシミ対策の方法

婦人

シミ対策にはコレ!

シミには、紫外線が原因のものやホルモンバランスが崩れたことで発生するものと様々です。肌が劣化したことが原因のシミは子供のころのシミや、肌が白い方に多くみられます。日焼け止めや日傘を使って紫外線対策をしたり、美白成分が含まれた化粧品で入念にケアをしたりすることが必要です。この場合、エイジングケアができるビーグレンを候補に挙げることができます。ファンデーションを使う場合は、なるべく肌に負担を与えないものをチョイスしてくださいね。余計な摩擦はかえってシミを濃くする恐れがあるので、ランキングで話題のホットクレンジングで浮かせて落とすよう心掛けましょう。ニキビ跡がシミになった場合は、古い角質を落とすピーリングがおすすめです。美容外科で受けられるので、素肌を守るために検討しましょう。

美容液

唇の血色が悪い人へ

体の冷えからくる血行不良で、唇の血色が悪くなるようです。唇は特に、その影響をダイレクトに受けてしまいます。唇の色が、内臓の健康を映し出す鏡となるため、血色が悪いなと感じたらティントリップでメイクをしてカバーしましょう。

悩みから解放された人の声を見てみよう

ウーマン

シミが目立たなくなってきた

30代を目前にして、目元に小さいシミが(泣)目立つ場所なので、メイクで隠そうと努力しましたが、濃くなりすぎてしまい、クレンジングの時肌をこすりすぎてしまいました。友人からシミに効く化粧品を紹介して頂き、早速使ったのですが現時点で薄くなっているような気がします!続けたら半年以内には消えるかも~。

ビーグレンいいですよ

アンチエイジング目的で、ビーグレンを使っているんですがスゴイです。使ってまだ一週間ちょっとなのに明らかに肌の質が違っている!肌トラブルもなくなってきてるし、前使っていた化粧品よりもレベルが高いです。

ティントリップ 使ってます

生まれつき唇の色が悪いので、発色のいいティントリップを使っています。簡単に落ちないので、可愛らしい色の唇を長時間楽しむことができますよ。色のバリエーションが豊富なので、何色も試したい私にとってはめっちゃ嬉しいです。

広告募集中